お宝を賢く手放すために|評判のよい買取王子で商品を買取ってもらおう
ウーマン

評判のよい買取王子で商品を買取ってもらおう

お宝を賢く手放すために

刀

刀剣を古物商に買取してもらう時には留意点があります。まず最初に未成年は刀剣の買取を依頼することができません。次に業者によっては日本国内在住の人に限定して買取を受け付ける体制となります。そして刀剣の買取には必ず身分証明書とシャチハタでない印鑑、銃砲刀剣類登録書が無くてはなりません。登録書に関してはもし無ければ新たに登録する必要があります。その場合の登録審査手数料として6300円が必要になります。登録書の発行対象とならないものとして、外国製のもの、火災で焼けたもの、焼刃のないもの、第二次世界大戦中に粗製乱造された軍刀やサーベルのように刀剣としての製作工程を経ていないものなどが挙がります。

当たり前のことではあるものの、刀剣を高値で買取してもらうには日頃より手入れを怠らないことが重要です。しかし刀剣の管理は専門的な知識が無ければ難しいところであり、こうした時には業者に手入れの仕方を教わること、場合によっては専門の業者に手入れを任せることが重要です。買取してもらう前に鑑定をしてもらうことも大切であり、安く買い叩かれないためには鑑定結果が出た書類を用意することが重要です。そして信憑性のある鑑定を行ってもらうには骨董店ではなく刀剣の専門店を利用することが賢明です。時間がかかっても高い値段で売りたい場合はオークションに出すこともひとつの手です。需要さえあれば思わぬ高い値段で取引されるというメリットがあるため、持っている刀剣によってはオークションに出すことは悪くありません。